甲信地域休眠預金等活用コンソーシアム
2020年度通常枠 草の根活動支援助成
「甲信地域支援と地域資源連携事業-こども若者が自ら課題を解決する力を持てる地域づくり事業-」

About団体紹介・活動紹介

甲信地域休眠預金等活用コンソーシアムは、認定特定非営利活動法人富士クラブ(幹事団体)と公益財団法人長野県みらい基金(構成団体)が、甲信地域おける休眠預金を活用した資金分配を行う目的で設立しました。

隣同士の両県において、都市圏からの距離、中山間地、農山村、都市の空洞化等、子ども若者の共通の課題があります。この地域の多様な歴史、文化、産業といった資源資源を掘り起こし、両団体の強みを生かし、地域の多様なセクターと協働して、甲信地域の課題解決に取り組みます。

構成団体

詳細はこちら

Public contributiont公募について

このたび「民間公益活動を促進するための休眠預金等に係る資金の活用に関する法律」における資金分配団体として、2020 年度通常枠草の根活動支援助成「甲信地域支援と地域資源連携事業-こども若者が自ら課題を解決する力を持てる地域づくり事業-」の実施にあたり、甲信地域において、「社会的課題の解決を担う若者の能力開発支援」を核にした実践活動行う実行団体を募集します。


申請受付期間中に必要書類をそろえ、山梨県所在の団体は認定NPO 法人富士山クラブ、長野県所在の団体は(公財)長野県みらい基金松本事務所へ郵送する(3 月3 日消印有効)とともに、メールで申請してください。


公募期間:2021年2月3日(水)~ 3月3日(水) 郵送3 月3 日消印有効、メール17 時まで受付

詳細はこちら

News新着情報

公募に関する情報、説明会、議事録などをご案内いたします


2021年3月 4日

応募団体一覧


2020年10月 7日

資金分配団体に内定