活動内容・団体情報公開|甲信地域休眠預金等活用コンソーシアム

活動内容・団体情報公開

甲信地域休眠預金等活用コンソーシアムは、認定特定非営利活動法人富士クラブ(幹事団体)と公益財団法人長野県みらい基金(構成団体)が、甲信地域おける休眠預金を活用した資金分配を行う目的で設立しました。

隣同士の両県において、都市圏からの距離、中山間地、農山村、都市の空洞化等、子ども若者の共通の課題があります。この地域の多様な歴史、文化、産業といった資源資源を掘り起こし、両団体の強みを生かし、地域の多様なセクターと協働して、甲信地域の課題解決に取り組みます。

構成団体

活動内容

甲信地域に暮らす子ども若者たちが、自分の暮らす地域社会の一員として、地域への愛着や誇りを持ち、地域を変えていく推進力となっていくことを目標に、子ども若者そして彼らをとりまく地域社会の皆さんとともに、環境整備、人材育成、ビジネス創造に取り組む実行団体(山梨県3団体、長野県2団体)に対し、2021-24年度の3年間にわたり、資金面(助成金)、非資金面(伴走支援)で応援していきます。

実行団体(あいうえお順)

山梨県

長野県

  • 特定非営利活動法人 こどもの未来をかんがえる会
  • 地域活性化工房 杜の風舎

※各実行団体の活動内容(公募採択時のもの)についてはこちら

団体情報公開

日本民間公益活動連携機構(JANPIA)との資金提供契約書に基づき、構成団体の定款・規程類について情報公開致します。
認定NPO法人富士クラブ 定款規程類
公益財団法人長野県みらい基金 定款規程類