8月22日 実行団体NPO法人bond place 助成事業キックオフ「社会的処方の学校」(ZOOM)

2021年8月 6日

山梨県の実行団体NPO法人bond placeが、休眠預金を活用した助成事業キックオフとして、

8月22日(日)13:00-15:00 (ZOOM)

「社会的処方の学校」を開催します。

ゲスト講師:西智弘さん(一般社団法人プラスケア代表理事)
書籍「社会的処方 孤立という病を地域のつながりで治す方法」編者

イベント内容 社会的処方の学校キックオフフォーラムチラシ.pdf

様々な社会課題の根本で起きている「孤立や孤独」
医療分野だけではなく、介護・福祉など様々な領域で「つながり」を生み出す取り組みが大切になってきています。

・地域の中で苦しんでいる人にどうやったら出会えるのか?
・もっともっと居場所を必要としている人とつながっていきたい。
・支援する側の人たちが孤立してはいけないんだ。
私たち自身もこんな思いがあって、これからどうしていけばいいんだろうか?と悩んでいた時に、この社会的処方という実践に出会いました。

そうした中で2021年度から3年間かけて休眠預金を活用させていただきながら、「社会的処方の学校」というテーマで私たち自身も学び手の1人として、同じようなことを考えている皆さんと一緒に、学びながらつながり、どんどん実践していくプログラムを始めていきます。

詳細・参加申し込み https://bpevnt822.peatix.com/

2020年度草の根活動支援事業